空き家解体のパトカー

何台目かのドリフト車両のあとに、 妙にゆっくりとした車がコーナーに入って来たときは、もう手遅れ。 「ピーガー!!はい!帰りなさい!!」 どでかい外部スピーカーでの割れた大音響で怒鳴っているのは、 パンダこと空き家解体のパトカー。赤色灯を直前まで消して来たらしいが、 どの道バカになり切っていた我々は感づくことすらできなかっただろう。 あーあ、あーあ、とそこら中から落胆の声が上がりはじめた。 コーナーを攻めていたマシン達も、すでに逃走していた。 タイミング悪くパトカーの前をぶっ飛ばしてしまった車は検挙されてしまった。 ざわざわと散りはじめるギャラリーに混じって、 我々は可能な限り急ぎ足でその場を離れた。 コーナーを塞いだパトカーは1台だけだが、それ以外にいるかも知れない。 ヘタをすると路上駐車で片っ端から切符を切られているかもしれないのだ。 「いいがかり」をつけるのが好きな警官だった場合、 車の持ち主が飲酒(運転者が別にいても)している事で 延々からむ事もありえる。 何にしても早急にこの場を離れるのが得策だ。